Clinic of your personal computer Please feel flee to contact us.

PCの大掃除

パソコンの大掃除

長い間使っていると、パソコンの動作が遅くなったり、エラーメッセージが表示された等と調子が悪くなっていませんか?
そこで今回はパソコンの大掃除(主にハードディスクの中身を整理)について説明をします。

まず最初に、個人ファイルの片付け

文書・写真・動画・音楽と言った個人ファイルでもう不要となったものは削除して、削除はしたくないけれど、パソコンの中に無くてもたまにしか利用しないものはCDやDVD等に移しましょう。

2番目はデスクトップ上アイコン整理

使いやすくするために沢山のショートカットアイコンをディスクトップ上にを置いて、使わなくなったものを放置したままにしていませんか?
この様なゴミも整理してしまいましょう。
Windows XPの場合、「デスクトップクリーンアップ」と言う掃除道具がありますが、これは使っていないアイコンを「使用していないショートカット」フォルダーに移動するだけで削除はされません。
要らなくなったショートカットアイコンは右クリックのメニューから「削除」を選択して消してしまいましょう。
※ディスクトップ上のアイコンを増やすと、画面にその数だけ表示する時間がかかる様になります。不要なアイコンはあまりディスクトップに置かない様にしましょう。

3番目は送受信メールの大掃除です

メールマガジンと呼ばれるオンラインショッピングやニュースサイトを利用してから届く様になったものが増えていませんか?
これらの中で読まずに溜めているだけのものは削除しましょう。
そして、古い送信や受信メールも要らなくなったものは削除してしまいましょう。
削除した後は、「ごみ箱」(Windows XPは「削除済アイテム」)も空にしましょう)

Windowsのツールを利用

さて、ハードディスクの引出しもかなり整理出来たところで、
次にWindowsには「ディスククリーンアップ」と言う掃除道具が内蔵されています。
これは、パソコン内に組み込まれている「ハードディスク」と呼ばれる記憶装置から不要なファイルを検出、削除をしてくれるものです。
この道具を使って一気にハードディスクのゴミを無くしましょう。
手順は以下の通りです。

1. Windows XPの場合「マイコンピュータ」を、Windows Vista/7の場合は「コンピュータ」開いて、掃除を行うローカルディスク(またはボリューム)を右クリックして「プロパティ」を選択する。

2. 「全般」タブの「ディスククリーンアップ」をクリックすると、領域の計算後に「ディスククリーンアップ」の画面が表示される

3. 削除したい項目にチェックチをいれて「OK」をクリックする。

※「古いファイルの圧縮」以外は削除しても問題はありません。
※購入して長期間「ディスククリーンアップ」をしたことが無い場合かなり処理時間がかかります。

最後により快適に使える様にする為のツール「エラーチェック」と「デフラグ」という2つの道具を使います。
まずエラーチェックは、ハードディスクに生じた正常にファイルを読み取れない領域を検出して、修復する機能です。
各ローカルドライブ毎に指定をして実行します。
※CドライブなどOSがインストールされた起動ディスクの場合は再起動時に実行となります。
操作手順を説明します。

1. Windows XPの場合「マイコンピュータ」を、Windows Vista/7の場合は「コンピュータ」開いて、目的とするローカルディスク(またはボリューム)を右クリックして「プロパティ」を選択する。

2. 「ツール」タブを選択して、「チェックする」のボタンをクリックする。

3.次の画面で「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」にチェックを入れて「開始」をクリックする。

4.「ディスクの検査が完了しました」の表示が出ると終了です。※かなり時間がかかる場合があります。

もう1つのツール、デフラグ(最適化)は、ファイルが断片化して保存された状態を修復するツールです。
この処理を行うことにより、ファイルの読み込み速度を向上させることが出来ます。
手順は「エラーチェック」と同様の手順で、2項で「ツール」タブで「最適化する」のボタンをクリックして、次の画面でWINDOWS XPの場合は「最適化」をクリックする。
※Windows Vista/7の場合は基本的にデフラグは自動的に行うのですが、説明しておきます。Windows XPと同様に「最適化する」をクリックすると、最適化が始まります。
※ハートディスクの容量や断片ファイルが多いとかなりの時間がかかる場合があります。

仕上げに外観の掃除

今度は本当に見た目の掃除です。
分解して中のホコリまで除去する作業は我々にお任せ頂くとして、カバー・キーボード&マウスおよび画面の清掃について説明します。
1. 通気口にホコリが付着している場合はハケやブラシ等を使って取り除いて下さい。

2. キーボードは隙間に入ったゴミを取り除くには、裏返しにして軽く叩くとある程度のゴミは出て来ます。※ノート型PCの場合は、絶対に強く叩かないこと!(ハードディスクが壊れます)
さらにエアダスター(家電量販店等で販売しています)で吹き飛ばすとより綺麗になります。
あとはパソコン用のウェットティッシュ(これも家電量販店等で販売しています)で汚れを掃除してください。
マウスもは同じ容量で掃除してください。

3.画面の清掃は、同様にウェットティッシュで拭き掃除になりますが液晶画面には専用のウェットティッシュを使って下さい。でないと表面がコーティングしている場合に剥がれる恐れがあります。

以上、かなり長文になってしまいましたが、パソコンの中と外を綺麗に大掃除して新年は快適にパソコンを使いましょう!!

アクセス人数 合計:1903人/昨日0人/今日1人

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional